mynet.aiブログ

AI(人工知能)のメリットとは?その具体例やデメリット・問題点についても解説

AI(人工知能)は、特殊なコンピューターサイエンスの分野だけにとどまらず、市場分析や業務効率化などの面で多くの企業が注目しています。しかし、「自社にAIを取り入れるメリットがわからない」という担当者も少なくありません。本コラムでは、AIにはどのようなメリットがあるのか、その具体例からAIのデメリットや問題点についても解説します。

AI(人工知能)のメリットとは

AI(人工知能)のメリットは、「動作や判断を人間よりも速く正確に行えること」だといえるでしょう。そのため、計算や分析、ルールが明確な作業などをAIに置き換えることも可能です。

これらAIの能力は、社会や企業、そして私生活にも活用できるものとして注目されています。

それでは、AIのメリットを詳しくみていきましょう。

社会や企業におけるAIのメリット

まずは、社会・企業におけるAIのメリットをみていきましょう。

■データ分析と予測

データ分析や予測は、AIの導入に適した分野です。もちろん、人間の手で行うことは可能ですが、AIを利用すれば、分析時間短縮や予測制度の向上が期待できます。

また、膨大なデータを分析・予測するには、AIを導入することがもっとも効率的です。

このように、計算速度や予測の制度を上げられることが、AIを導入するメリットだといえます。

■業務効率化

上述したように、AIを導入することでデータ分析や予測の工数を大幅に削減できます。また、ルールに従った作業も、人間が行うより正確な成果を出せるでしょう。

速度と正確さを向上できる点は、業務の作業効率化に大きく貢献します。

■生産性の向上

AIによって業務が効率化されれば、自ずと生産性も向上します。

品質の高い成果物を人間より速く生産できることは、AI導入のメリットの中でも重要な要素だといえるでしょう。

■顧客満足度の向上

AIは自然言語処理においても期待できるため、顧客とのコミュニケーション向上や、顧客対応における人手不足を補う存在としてのメリットも活かせます。

例えば、言語の違う地域(日本語と英語)のコミュニケーションを円滑にしたり、テレフォンオペレーターをAIに置き換えたりすることが考えられるでしょう。

これにより、顧客全般とのコミュニケーションと顧客満足度の向上が期待できます。

■コスト削減

従来は人間が行っていた業務をAIに置き換えることで、人的コストの削減も期待できます。

例えば、従業員の給与や賞与の削減、交通費やオフィスなどの固定費用の削減が考えられます。また、従業員を雇用するための採用活動における工数も削減できるため、人事担当者の工数軽減や、採用活動費の削減にもつながるでしょう。

■労働力不足解消

人材不足が深刻な問題になりつつある現代、AIの導入が進めば労働力不足の解消が期待できます。

もちろん、すべての業種・ポジションをAIに任せるわけにはいきませんが、AIでまかなえる業務にはAIを配置することで、「人材不足による案件の失墜」や「人材不足による業務の停滞」を防げます。

身近な生活におけるAIのメリット

次に、私たちの身近な生活におけるAIのメリットをみていきましょう。

■安全性の向上

AIは、企業の業務効率向上のためだけに活用されるものではありません。私たちの暮らしの安全性を向上させるメリットもあるのです。

例えば、自動車にAIが搭載されれば、自動車同士が安全に走行したり、障害物を検知したりすることで、自動車事故を減少させるなどの安全性向上が期待できます。また、公共施設(道路や橋など)の劣化をAIが見守り、破損などの危険性を事前に予測することで、公共インフラの安全性向上にも役立つのです。

■コミュニケーションの利便性

私たちが私生活で利用するスマートフォンやウェアブルデバイスにAIが搭載されれば、コミュニケーションの利便性向上にも期待ができます。

例えば、国をまたいだコミュニケーションでは、リアルタイムな自動翻訳によってスムーズなコミュニケーションが行えます。また、商品についての問い合わせを行った際にも、電話の混雑を待たずにチャットでAIと会話をし、応えをすぐに得られればストレスの軽減にもつながり、消費者と企業のコミュニケーションも円滑になるでしょう。

■健康維持と生活習慣などのアドバイス

近年では、ウェアブルデバイスに健康管理の機能を持つものも増えてきました。

例えば、AIが搭載されたウェアブルデバイスを身に着けておけば、運動時間や血中酸素濃度の測定などが可能です。AIが測定結果を判断して、個人に合わせた運動をうながしたり、健康維持のためのアドバイスをしたりすることで、健康維持や生活習慣改善の役に立ちます。

■生活全般の利便性向上

AIが、私たちの生活における「面倒」を改善するために、さまざまなアドバイスを行えるようになれば、生活全般の利便性向上につながるでしょう。

例えば、朝起きたとき、その日の天候によって服装などをアドバイスし、自動車移動のときは渋滞予測から最善のコースをアドバイス、帰宅するころにお風呂を沸かし、室内をエアコンで最適な温度に調整するなど、毎日の生活をAIがサポートしてくれるなどが考えられます。

AIにおけるメリットの具体例

それでは、AIにおけるメリットの具体例を確認していきましょう。

AIを導入することで、営業業務での正確なサポートや、製造業での製品品質向上が期待できます。また、私生活の安全性や、個人の健康管理にもAIは役立つでしょう。

【企業・社会におけるメリットの具体例】

  • 営業職:営業での見込み客抽出、売上分析、売上予測 など
  • 製造業:画像処理で製品点検、異常検知などの製品点検 など

【私生活におけるメリットの具体例】

  • 安全性向上:自動車の自動運転、公共施設の劣化予測 など
  • ショッピング:おすすめ商品の抽出、食材や日用品の管理と購入アドバイス など
  • 健康管理:運動時間、睡眠時間、睡眠の質管理 など

AIの活用事例については、「近年のAI活用事例のトレンドとは?具体的な事例を交えながら解説」で詳しく解説していますので、あわせて参考にしてください。

AIのデメリット・問題点

AIには多くのメリットがある反面、利用する上の懸念もあります。ここでは、AIにおけるデメリットや問題点を確認していきましょう。

セキュリティリスク

AIはコンピューター上で動くため、セキュリティリスクを意識しなければなりません。

AIは、多くのデータを学習するために、あらゆるデータをコンピューター上に保存します。保持するデータはAIの用途によって異なりますが、例えば、顔認証を行うならば人々の顔写真、企業の業績などを分析するならば企業の過去データなど、それぞれ大量のデータを扱うのです。

これらデータがサイバー攻撃によって盗まれたり、データが破損してしまったりするリスクは拭いきれません。

情報セキュリティやサイバーセキュリティなど、現在利用しているコンピューターがさらされているセキュリティリスクは、そのままAIにも当てはまるのです。

導入コストの増加

AIを導入するためには、基幹システムの設計変更や利用サービスの切り替えなど、システム面でのコストがかかります。また、AIが期待通りに機能するまでには学習コストなども必要です。加えて、サービスが生み出す利益が期待値に達するまでには時間もかかります。

AIを導入するならば、AIの専門知識を持つ人材や企業を獲得しなければならないので、人件費や企業との提携なども見越してコストを見積もらなければなりません。

このように、AIを導入して期待通りの利益が上がるまでには長い目で見なければならず、その間はコストがかかってしまうのです。

責任の所在

AIの大きな懸念事項としては、AIが出した結果に対する「責任の所在」があります。特に、医療や交通に関わる事故などの社会的な責任や、AIが関わるサービス全般で起こり得る不利益です。

例えば、医療現場で2人の患者に対して命の選択を迫られた場合、AIが出した結論の意図はだれにもわからないので、人間が納得できないといった問題があります。また、自動運転中の自動車が交通事故をおこして人の命を奪った場合、その責任は自動車メーカーにあるのか、運転手にあるのかといった問題も解決しておかなければなりません。

このように、AIが出した結論・行為に、人間がどのように責任を取るのかといった責任の所在問題があるのです。

結論までのプロセスがわからない

AIがなぜ「その結論を出したのか」は、人間にはわからないケースも多いでしょう。

例えば、上述した医療現場における命の選択の例では、AIが「〇〇さんを生かす」選択をした理由がわからないので、医者もその理由を患者の家族に説明できないといった事態が起こり得ます。

特に、人命に関わる判断をAIが行う場合には、問題点が多いといえるでしょう。

雇用が減少する可能性もある

AIが普及することで、雇用が減少する可能性もあります。

AIは、あらゆるデータから「判断」ができるため、多少複雑な作業でも一定のルールが定まっている業務ならば人間よりも速いでしょう。つまり、人間の仕事の多くがAIに置き換えられる可能性があるということです。

AIが行える業務に人間は必要なくなり、その結果、あらゆる企業で雇用が減少する可能性があります。

ただし、AIが普及したゆえに生み出される新たな業務もあるでしょう。

例えば、パソコンが普及したらパソコンを操作するための雇用が生まれましたし、そのパソコン自体を作るための雇用も生まれています。

しかし、雇用の減少はAIが普及するとともに懸念されている問題であることは確かです。

AIが活用される今後の社会

企業では、AIの導入が進むことが期待されています。

その役割は、企業については市場予測や営業サポート、製品品質の管理など、さまざまな分野に広がるはずです。また、コンシューマー向けには購買活動をサポートするAIや自動運転をする自動車などが考えられます。

このような背景から、AIのメリットを活かせした企業経営は欠かせないものとなることが予測されます。

そのためにも、早くからAIのメリットを理解して、AIを活かせる業務を明確化し、自社でのAI活用を視野に入れておかなければなりません。

「AIについては何から手を付けてよいのかわからない」といった場合には、AI開発の多くの実績を持つ企業に相談することも、AI活用の第一歩だといえるでしょう。

AI開発については、「AIの開発方法は?AIの種類や開発プロセス、準備すべき事項も解説」で詳しく解説していますので、あわせて参考にしてください。

※AIコンサルのサービス紹介ページなどがあればご教示ください。ここにリンクを貼りたく考えています。

早期にAI導入を検討してメリットを最大限活用しよう!

AIには、コスト削減や業務の効率化、生産性の向上といった多くのメリットがあります。企業にAIが普及すれば、企業の生き残りをかけた競争はさらに激しくなるでしょう。AIが自社にとってどのようなメリットがあるのか、そしてデメリットも理解しながら、早期にAI導入を検討することをおすすめします。

AIの導入については、「近年のAI活用事例のトレンドとは?具体的な事例を交えながら解説」で詳しく解説していますので、あわせて参考にしてください。

お問い合わせ

ブログ一覧