mynet.aiブログ

CDOとは?その役割や必要なスキル・性質からDXとの関わりについても解説

DXの推進が盛んになった現代、企業には「CDO」という役割をよく聞くようになりました。しかし、「CDOってそもそも何?」「CTOやCIOとは違うの?」といった疑問を持つ担当者も少なくありません。実は、CDOはDXにおいて欠かせない存在なのです。本コラムでは、そもそもCDOとは何なのか、そしてCDOの役割や必要なスキル・性質を、DXとCDOの関わりを通じて解説します。

CDO(最高デジタル責任者)とは

CDOとは「Chief Digital Officer」の略称で、日本語では「最高デジタル責任者」と訳されます。

CDOは、企業組織におけるCIOやCTO(後述)などと同じように、ひとつの役職として設置されるポジションです。これまでは、IT・ICTなどの分野についてはCIOやCTOというポジションが設置されて、業務のIT化をリードしていました。

しかし、近年のDX(デジタルトランスフォーメーション)推進においては、IT・ICTで扱う「デジタル」を企業活動全体で活用するためのリーダーとして、CDOが設置されるケースが増えているのです。

「CDO」「CTO」「CIO」の違い

企業組織には、CDOに似たポジションとして「CTO」や「CIO」があり、それぞれは以下のように区別されます。

  • CTO(Chief Technical OfficerまたはChief Technology Officer):最高技術責任者
  • CIO(Chief Information Officer):最高情報責任者
  • CDO( Chief Digital Officer):最高デジタル責任者

企業の現場における技術的な問題解決をするのがCTOであり、技術に関する責任者です。また、社内システムの効率化など、企業の情報化を進めるのがCIOであり、情報の統括をする責任者となります。

一方、CDOは、CIOに近いポジションではありますが、企業がIT・ICTを活用してどのようにグローバル社会の競争に勝ち残っていくかという「デジタル戦略」までを担うポジションです。

DX推進は、IT・ICTに詳しいだけではリードできません。それは、DX推進のさまざまな事例を確認するとわかるでしょう。DX推進を進めていくリーダーとして必要なのは、CDOなのです。

DXの事例については、「複数分野でのデジタルトランスフォーメーション成功事例を紹介」[A1] にて詳しく解説していますので、あわせて参考にしてください。

企業におけるCDOの役割

CDOは企業のデジタル戦略を構築する役割を担います。ここでは、CDOの企業における役割をさらに詳しくみていきましょう。

既存事業・業務の見直し

CDOの役割は、既存事業や業務プロセスをデジタル技術で革新することを目的とします。

つまり、現状の企業の状態をデジタルで最適化できるように見直しを図る役割だということです。

CDOはまず、既存システム(レガシーシステム)の把握や、現状の業務プロセスの見直しから着手します。これにより、業務はもちろん、企業組織全体を横断的に最適化するのです。

新技術による可能性の模索

CDOは、IT・ICTを利用して実現できる新技術を理解して、全社的な改変の可能性を模索します。それは、デジタルを使った組織のあり方や働き方、ビジネスモデルやその将来性までに至るものです。

コミュニケーションと統率

デジタルを活用した改革は、ひとりではできません。そのため、経営陣や事業部門を含めて全社的にコミュニケーションを取ることが大切です。

また、自社内だけではなく、取引先などの他社や、他国の企業とのコミュニケーションなど、デジタル革新に必要な行動を常に意識しておく必要があるのです。

デジタルデータ活用での新規事業立案

CDOの重要な役割のひとつが、デジタルを活用した新規事業の立案です。

自社が発展するために、デジタル技術をどのように活かし、どのように世の中へ貢献するのか、そしてどのように従業員の働き方を最適化するかなど、経営者視点での事業改革を創出しなければなりません。

それらを踏まえた上でのDX推進こそ、CDOの重要な役割です。

企業競争に勝ち残り、企業が繁栄していくためにもCDOの存在が重要です。特にDX推進においては、CDOを担う人材を獲得・育成することも急務だといえます。

DXにおけるCDOなどの人材についてはDX人材とは?人材の定義や役割、育成方法についても解説」[A2] にて詳しく解説していますので、あわせて参考にしてください。

CDOを設置したDX推進のための組織体制づくり

DX推進についてはCDOを設置した組織体制づくりが重要です。なぜなら、DXは、業務プロセスや事業など全社的な変革になるためです。

DX推進は、CDOの統率のもとで事業の方向性を変えていく必要があり、そのためには経営視点とデジタル視点の双方から組織をコントロールしなければなりません。

組織体制づくりのポイント

DX推進のための組織体制づくりのポイントをつかむことが大切です。それは、DXについての専門的な知見をもつ人材の獲得から、意見や提案を受けられる体制づくり、DXのためのガバナンスを整備するなどが挙げられます。

DX推進における組織体制では、以下のポイントをチェックしましょう。

  • DXに深い知見を持つ者が組織を統制する体制をつくる
  • 企業外部の人材をCDOとして獲得する
  • DX推進について、他企業との意見交換ができるよう連携体制をつくる
  • DXを推進できる現場の人材を育成する など

DX推進は自社内で完結させなければならない、というわけではありません。他企業や国内外のDXに関わる知見を取り入れることも大切です。

日本と世界におけるCDOの設置状況

DXは日本国内だけで推進されているものではありませんので、CDOの存在意義は国際的にも高まっているはずです。ここでは、日本と世界におけるCDOの設置状況を確認してみましょう。

総務省の調査資料によると、2018年時点で各国の企業におけるCDO設置状況は以下のような割合になっています。

  • 日本:5.0%
  • 米国:16.8%
  • 英国:27.4%
  • ドイツ:16.4%

参照元:総務省「第1部 特集 人口減少時代のICTによる持続的成長

上記のデータを見ても、日本は圧倒的にCDOの設置率が少ないといえます。

国際的にもDXが進む中、今後の日本企業においてもCDOの重要性を再認識して、CDO設置を進めていく必要があると考えられるでしょう。

CDOに必要なスキル・性質

それでは、CDOのポジションに就く人材はどのような者が適任なのでしょうか。ここでは、CDOに必要なスキルや性質をみていきましょう。

順応性があること

CDOはDXを推進するために、企業全体を見渡さなければなりません。その中で、企業の文化や業務プロセス、さまざまな従業員のことを知るために、まずはどのような環境にも順応できるスキルが必要です。

長期的で明確なビジョンを持てること

DXは一朝一夕では成しえません。そこで現状を把握して、どのようにDXを推進すべきかを検討し、その手順や設計を長期的に見据えて確実にゴールへ導くスキルが必要です。

短期間で終えるプロジェクトのように、一定期間だけの集中力ではDX推進は難しいものです。ですので、長期的で明確なビジョンを持ち、それを遂行できるスキルは必須なのです。

積極性が高いこと

CDOは、DXを推進するためにも、事業や業務プロセス、従業員に対して積極的に接しなければなりません。もちろん、取引先を含めたステークホルダーとも積極的に関わりを持つことが大切です。

また、企業が行っている事業内容や業務プロセスについても、積極的に関わらなければ必要な情報は得られないでしょう。

人間関係や利害関係、実際の事業や業務への積極的な関わりは、CDOにとって必須です。つまり、CDOには積極性の高さが必要だということになります。

謙虚であること

謙虚であることは、消極的であるということではありません。

意見やフィードバックを受け入れ、関わる人達を信用して思慮深くあることだといえるでしょう。もちろん、なんでもすべてを受け入れなければならないということではなく、与えられたものを柔軟に受け取るということです。

その中でも、自身の意見を通すことも大切ですので、相手から与えられたものを尊重しつつ、自分の意見も通すテクニックが必要です。折衷案をわかりやすく説明するスキルや、相手の意見を尊重しながら意見を通すスキルこそ、謙虚な姿勢だといえるでしょう。

リーダーシップをとれること

CDOに、リーダーシップは欠かせません。なぜなら、DXを推進するリーダーだからです。

物事を進めるリーダーは、それに関わるすべての人や仕組みをリードしていかなければなりません。課題や問題に立ち向かうときも、みんなを最適解へ導く分析力や判断力を発揮して、リーダーシップをとるスキルがCDOには必要なのです。

DXの知見

CDOを配置する目的のひとつは、DX推進です。そのため、DXに対する知見のある人材でなければなりません。

DXに関しては、企業組織や事業、業務プロセスを理解し、さらに既存システムも把握する必要があります。また、これらを把握した上で、DXをどのように進めていくのか、DX化の後に企業全体がどのような形になるかまでイメージする力が必要です。

つまり、CDOはDX推進を円滑に進めるためのポイントを熟知している人材でなければなりません。

DX推進の目的やポイントについては、DX推進の目的とは?その課題からDXを円滑にすすめるポイントについても解説」[A3] にて詳しく解説していますので、あわせて参考にしてください。

CDOはDX推進を成功させるためのキーパーソン!

CDOは、DX化が進む現代の企業において重要な役割を担う人材として欠かせません。CDOの存在を理解して組織に設置することで、DX推進がスムーズになるでしょう。これからDXに向けて取り組みをはじめるならば、CDOのスキル・性質を持つ人材の獲得やCDOとしての従業員育成も視野に入れてCDOの導入を検討するとよいでしょう。


ブログ一覧