【ノンフィクション】AIとの共存をいかに実現したか?「国内屈指のデータホルダーが挑んだ舞台裏」

ここ数年DXが進み、多くの企業がデータホルダーとなり自社の事業価値向上やコスト削減、はたまた新規事業開発といった分野でAI開発プロジェクトが数多く立ち上がりました。
しかし、運用まで結びつかなかったプロジェクトも少なくありません。

そんな流れからAI開発において不安を抱えている方も多いのではないでしょうか?
国内屈指のデータホルダーであるマイネットもそのような会社の一つでした。

今回はマイネット社内でのAI開発と開発されたAIが全社に展開されるまでの舞台裏とその過程における失敗や成功のポイントをホワイトペーパーにまとめました。

「『AIとの共存』をテーマにどのような失敗をし、どのようにPDCAを回していったのか?」の現場のリアルな課題や解決策をご覧ください。

【こんな方におすすめ】
・データはあるがどのように活用したらいいか分からない人
・過去にAI開発に取り組んだが失敗してしまった人
・会社の中でAI開発のミッションを担っている人

    資料ダウンロード

    資料一覧